丸亀市の骨盤矯正のマッサージ「KITANO丸亀」リラクゼーション、整体姉妹店

【香川県丸亀市】骨盤矯正のできるマッサージ店

美容と健康ブログ

辛いぎっくり腰。季節の変わり目も要注意!!

最近周りの人やお客様で腰が痛いという方が増えています。

寒い時期にぎっくり腰になりやすいと考えている人は多いと思いますが、実は寒い時期だけではなく、季節の変わり目もぎっくり腰が増える時期なのです。

自分は大丈夫と思っている人!!ぎっくり腰注意報です。油断すると、ぎっくり腰になってしまうかもしれません。

ぎっくり腰の原因

◆筋肉疲労◆

まず1つ挙げられるのが、筋肉の慢性疲労です。ぎっくり腰は突然起こりますが、症状としていきなり表れるだけで、ゆっくりとその原因となるものは進行しているのです。

%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%95中腰で荷物を持上げようとした瞬間に激痛が走ったり、よろめいてちょっと片足を勢いよくついてしまった瞬間などにぎっくり腰になりやすいですが、日常の中で同じ動作をしても平気だったのに、ある瞬間にぎっくり腰になってしまうのです。これは、少しずつ溜め込んだ筋肉疲労が、あるとき負荷の許容量を超えてしまい、腰痛として発症してしまったと言えるでしょう。

日常生活を送る中で、筋肉疲労は必ず起こります。それを回復するメカニズムを持ち合わせていますが、睡眠不足や栄養バランスが取れていなかったり、運動不足や座りっぱなしの仕事を続けるなどしていると、筋肉疲労が回復することなく徐々に蓄積されていき、やがて腰痛を招いてしまうことになるのです。

◆骨格の歪み◆

%e9%aa%a8%e6%a0%bcぎっくり腰になる原因の1つに、骨格の歪みもあげることができます。私たちの日常を振り返ってみると、立ちっぱなしの仕事や座りっぱなしの仕事に就いていると、長時間、限られた姿勢でいることが多いでしょう。こうすることで、身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉だけを使うことになってしまいます。使われている筋肉には負荷がかかり、使われていない筋肉は少しずつ緩んでいきます。こうしたことが筋力のアンバランスを生み出し、骨格の歪みを招いてしまいます。歪んだ骨格は左右のアンバランスを生み出し、その周囲の筋肉への負荷に変わります。身体のバランスをとろうとする代わりの筋肉にも徐々に筋肉疲労が蓄積され、やがて腰痛につながるのです。

◆いきなりの過負担◆

basketball-1625318_960_720若い人やスポーツ選手に多いぎっくり腰の原因の1つで、高いところから飛び降りた着地の瞬間や、勢いよく振り返った瞬間、横になっていて勢いよく起き上がったときなど、止まっている状態からいきなり動いたときや、動きの急激な切り替えの時に、腰にいきなりの過負荷がかかり、ぎっくり腰を起こしてしまいます。

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰は、急に発生する腰痛の総称であり、その原因は人それぞれで様々すが、症状としては予兆なく「グキッ」とした衝撃とともに強烈な痛みが腰周辺を襲うというものです。原因としては腰椎椎間板の一部が断裂したり、椎間板ヘルニアや、腰部椎間関節症、腰椎圧迫骨折などが考えられます。いずれにしても背骨を構成する骨が異常を来すことにより、周辺の神経を圧迫し、強烈な痛みが襲うというものです。そのため、ぎっくり腰になると立っていられないほどの痛みが症状として現れ日常生活に支障を来すことになります。

ぎっくり腰の前兆

%e9%ad%94%e5%a5%b3ぎっくり腰といえば、一般的に何の前兆もなく起こってしまうというのがイメージとしてあると思います。欧米では「魔女の一撃」なんて呼ばれているぎっくり腰ですが、そんな突然攻撃されたかのようなものではなく、実はぎっくり腰にも前兆があります。

何らかの原因で背中や腰の筋肉、そしてお尻などの筋肉が衰えると筋肉のバランスが崩れてしまいます。そして、何らかのちょっとした動作が原因で、弱くなった筋肉に過度の不可がかかる為に、突然ぎっくり腰の発症へとつながるのです。つまり、体や筋肉のバランスが崩れている状態といえるでしょう。そして前兆というのはつまり腰が炎症を起こしかけている状態なのです。ぎっくり腰の前兆といえるというのは、その筋肉のバランスが崩れている状態、そして炎症を起こしかけている状態なのです。

その前兆の代表的な症状を挙げるとすると

1.腰が突っ張った感じがして変な違和感を感じ

2.寝返りを打つときに腰に痛みを感じる

3.長時間座ったままでいると腰に痛みを感じる

4.普段しない動作や姿勢をして腰に負担をかけてしまった

5.腰に疲れがたまっているように感じる

6.足の裏にしびれを感じる

自分でも気づかないうちに腰、またその周辺の筋肉に負荷や疲労が溜まっていたり、普段の生活習慣等が原因となってぎっくり腰を起こす可能性というのは少しずつ上がっていき、最終的に発症してしまうのです。もし荷物を運んでいる時やなんかに、腰がピキっと言ったら本当に崖っぷちギリギリの状態と言えます。その時点ではまだ軽い炎症を起こしているだけなので、無理をして動かさずにそのまましばらく安静にした方が良いと思います。そして、落ち着いてきたら腰を冷やし出来るだけ腰に負荷のかかる事は避けるようにした方が良いでしょう。

ぎっくり腰の対処法

%e8%85%b0%e3%81%ae%e7%97%9b%e3%81%bf一般的にぎっくり腰になった時は、まず冷やすようにすると良いといわれています。その理由として炎症を起こした状態になっているため筋肉が腫れてしまっているからです。その腫れをおさめることがとても大切なので、冷やすようにします。氷袋などをあててもよいですし、冷たい湿布等を貼ってもよいです。冷やした状態で必ず安静にします。うつ伏せになって寝転ぶか、横向きになって寝転ぶようにしましょう。仰向けになって寝るようにすると、腰に負担がかかってしまうので、避けた方がよいです。

また、ぎっくり腰といえばなにか重いものを持ち上げた時になってしまうイメージがありますが、重いものを持ってぎっくり腰になる人というのは全体の約1割程度と言われています。実際にはちょっと屈んで物を拾おうとしたり、くしゃみをしたり、後ろを振り返った時というように、日常の些細な動作でぎっくり腰を起こすことがほとんどなのです。

そんなぎっくり腰になったらベットの上でずっと寝ているなんてよく聞いたかも知れませんが、現代では仕事や家事などで忙しいので完治するまでずっと寝ていられない場合も多くあると思います。その為、一般的にぎっくり腰になってから数時間?半日程度ベットで安静にして症状を落ち着かせて、少し動けるようなら活動を再開しても大丈夫だと言われています。ただ、ぎっくり腰の症状は人それぞれによって異なるので自分自身の症状に合わせて無理をせずにする事が大切です。

ぎっくり腰になったら、少しでも動くことが出来るようになるまでしばらくは安静にして動けるようになってから、整体や整形外科などに行くようにしましょう。整形外科での治療法に関しては、自然に痛みが治まるのを待つか、神経を圧迫している物質を切除する方法があります。また、応急的に通神経ブロックで痛みを麻痺させる方法というもの選択肢の1つとしてあります。

ぎっくり腰の改善方法

少しでも早くぎっくり腰を改善したいと考えた時安静にしている事が1番良いと考える人は少なくありません。確かに、痛くて動けない為、痛みが一番少ないと感じる姿勢で、痛みが落ち着くのを待つ事が大切です。その間は、痛みを感じる部位に手を添えていると、早く痛みがおさまる事になります。

そして、痛みがおさまったら、少しずつ動く事を心がけていく事が大切です。急激に動くのは良くありませんが、無理のない程度に痛みを感じていた部分の筋肉をほぐしていく事で、固まってしまった筋肉をほぐし、早く症状を改善していく事が出来ます。

一般的な目安として、痛みが軽くなってきた頃から運動やリハビリをはじめても良い時期だとされています。ぎっくり腰が慢性期になるとじっとしているよりも、体を動かした方が楽に感じることもあります。ですがまだ運動をしようとして痛みが再発してくるようなら、まだ数日は控えた方が良いでしょう。

ぎっくり腰になって1週間も経てば、体を動かすのは特に問題は無いのですが、激しい運動はまだやらない方が良いと思います。特に腰に負担のかかるスポーツは控えた方が良いでしょう。一般的にテニスやゴルフは腰に負担がかかるので特にダメなスポーツとしてあげられます。

%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0慢性期になって痛みが薄くなってきた時と、完治したというのはイコールではないので痛みが薄くなってきたからといって無理をして動かして再発しないようにしましょう。慢性期になったらジョギング、サイクリング、エアロビクス、水泳などの腰を使わずマイペースにやるこのと出来るものをするようにしましょう。ぎっくり腰のリハビリとしてなら軽いウォーキングからはじめるようにすると良いといわれています。運動がもともと苦手なら、プールで水中運動もするようにするとより良いと思います。

最後にどの運動にも共通しますが、ウォーミングアップを忘れずに行ってからはじめるようにしましょう。突然体を動かすのは、ぎっくり腰になったなっていない関係なく、体の負担の元になります。ぎっくり腰になっているのですから尚更、ちゃんとウォーミングアップを行って筋肉や体を柔らかくして、しっかりと、ほぐしてから運動をするように心がけた方が良いです。

 

ぎっくり腰になりやすい状況

ぎっくり腰の痛みの原因として多く症例として良くあげられるのは、腰の組織に起こる「捻挫(ねんざ)」や「損傷」だといわれています。これは、具体的にいうと、腰の筋肉の肉ばなれや、椎間関節のズレや捻挫、関節を包む薄い膜である関節包や靭帯が損傷して痛みがおこるそうです。

これらの腰の損傷、捻挫や肉離れ、ヘルニアといった受傷は、日常生活のなかで腰への負担が少しずつ積み重なっていった「疲労」が原因で起こるものが多いといわれています。腰の使いすぎで疲労していたり、年齢により腰が弱くなっていると、今までできていたちょっとした動作でも身体を支えることが難しくなり、腰椎に無理な力がかかってしまうそうです。

  • 運動による影響%e3%83%87%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af

身体の疲労する原因のまず一つ目として、運動不足で体の循環が低下していたり、過度な運動をしすぎて身体が悲鳴を上げて居たり、同じ姿勢で同じ動作ばかりしている、もしくは動いていないことが運動に思い当るぎっくり腰の影響だといわれています。

  • 食事内容の悪さトマトときゅうり

ぎっくり腰を頻繁に繰り返す人は、結構な確率で、胃腸や肝臓などが疲れている方が多いそうです。暴飲暴食したり、冷たいものばかりを飲んだり食べたりしていると、内臓に疲労がたまり、内臓をかばうことで体がゆがみ腰の調子が悪くなることもあるといわれています。

また、寝る前には食事をたくさん摂ると、内臓に負担がかかりやすくなるそうです。バランスのよい食事をゆっくり食べるよう心がけましょう。

  • 睡眠の影響夏バテ

睡眠をしっかりとって、疲労を回復することが大切だといわれています。夜の10時から2時は特にしっかり頭も身体も休め、疲労を溜めないようにし、翌日気持ちよく身体を動かせるようにコンディションを整えておきましょう。

ぎっくり腰の予防法

  • 日常生活で腰への負担を軽減するコツハイヒール

身体を歪んで使わないよう、左右対称になるように心がけましょう。かばんを持つとき、脚を組むとき、立っているときなど、どうしても体はゆがみがちになっています。かばんを交互に持ったり、足を組むなら両方を同じ頻度で組んだり、体重を同じくらいにかけてまっすぐ立つようにしたり、普段の何気ないどうさを左右対称に使うように心がけるとよいでしょう。

背中も曲がっているより、まっすぐしているほうが、内臓や腰にも負担がかかりにくいといわれています。

ちなみに、ゴルフや野球など、どうしても身体をどちらか一方に偏ってしまうスポーツをする際は、ウォーミングアップ時などに、使わない逆の筋肉も十分にほぐしておくとよいでしょう。

  • 足・下半身を冷やさない%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%90%e3%82%b9

足を温めることは、ぎっくり腰の予防につながるそうです。夏でも冷房などで血行不良となり、足が冷えている人がいらっしゃいます。足が冷えると、臓器のバランスが悪くなりますし、上半身と下半身のバランスも問題となるといわれています。

現代は脳や目ばかりを酷使してしまっているため、どうしても上半身に血流が滞りがちになっているようです。足の冷えはその偏りをさらに悪化させてしまうため、下半身は温かく保ち、できるだけ血流の偏りがないように心がけましょう。

  • 繰り返すぎっくり腰には体の歪みをとる%e8%85%b8%e8%85%b0%e7%ad%8b

腰痛予防には腸腰筋を鍛えるとよいといわれています。筋肉をしっかりつけることで、体のゆがみをとってしまいましょう。椅子に座って両足を床からはなした状態から片足づつ太ももを上げる訓練を1日に10回×3セット程度やると、腸腰筋を鍛えるのに効果的だそうです。

出典:http://www.rise0408.com/image/C4B2B9F8B6DA.jpg

  • ぎっくり腰になりそうな時は食事を抜くimg_0659.jpg

ぎっくり腰になりそうだな、そんな場合にはとりあえず食事を抜いてみましょう。内臓の負担を減らし、胃腸を休めることで、胃腸は回復するそうです。もちろん冷たいものを飲食するのも禁止となります。腰の問題が胃腸が原因である場合は、この対策をとることでぎっくり腰を予防できる可能性があるそうです。

この方法で前兆を感じたのにぎっくり腰にならなかったら、今後の食事のとり方に気を付け、胃腸が疲れないように心がけるとよいでしょう。

最後に!!解放

腰痛の85%は原因不明だといわれています。色々な疲労が重なり、腰痛をおこしている原因となっていると考えられています。また、季節の変わり目も多いといわれています。季節の変わり目は温度差も高く、身体も思った以上にストレスを感じているのかもしれません。

疲れているなと思った時は、しっかり休息をとって、体も心も休めることが大切です。

 

 

The following two tabs change content below.
奈良昌美

奈良昌美

セラピスト歴5年目。 以前はエステサロンに勤務していましたが、オールハンドの施術に魅力を感じリラクゼーションの業界に入りました。得意な施術はボディケアと足ツボマッサージです。私自身も痛みに弱い方なので、お客様に気持ち良いと感じて頂けるマッサージを心掛けています。エステサロン勤務の経験も活かして、いろんな面からお客様に提案ができればと思っています。そして、お客様により満足していただけるように、さらなる技術や知識の向上に日々つとめております。お帰りの際のお客様からの「ありがとう!」の笑顔がなによりも嬉しいです。お客様の笑顔をもっと引き出せるように、体だけでなく心からリラックス&リフレッシュできるお店にしていきたいと思っています。奈良プライベート「ブログ」

コメントを書く

*
*
* (公開されません)