丸亀市の骨盤矯正のマッサージ「KITANO丸亀」リラクゼーション、整体姉妹店

【香川県丸亀市】骨盤矯正のできるマッサージ店

美容と健康ブログ

9月からのスキンケアで1年の美肌度は決まる!!

今年の夏は異常なぐらい暑かったですよね?!
9月に入り、紫外線の量は徐々に減少していますが、春~夏に受けた紫外線ダメージのため、肌の色は 1年のうちで最も暗く、角質も肥厚した状態となっているのがこの時季のお肌です。この状態に何の対策もしていないと、秋へと環境の変化が強くなるとともに、肌にも深い深いトラブルとして現れ始めます。
知っていましたか?「9月からのスキンケアで、1年の美肌度が決まる」ということを・・・。
“夏疲れ”を早く癒すことが9月のスキンケアのポイントです!夏の疲れを解消し、やがて迎える乾燥の季節に対応できる肌力を備えましょう。

9月の肌の状態

肌のターンオーバー肌のゴワつき、くすみに大きく関わっているのが、肌の「角層」の状態です。角層とは肌のいちばん外側を覆うわずか0.02㎜の層のことで、角質同士がレンガのように幾層にも積み重なってできています。
肌は常に新陳代謝(ターンオーバー)を行っていて、新しく生まれた表皮が押し上げられてくると、肌表面の角質は垢としてはがれ落ちていきます。そのため、日焼けして肌が黒くなっても、ターンオーバーがスムーズに行われていれば、メラニンは角質と一緒に排出されます。

出典:http://atamix.up.n.seesaa.net/atamix/image/img_turnover.jpg?d=a1

しかし、ひと夏を過ごした肌のターンオーバーはリズムを崩しがち。特に春から夏の強烈な紫外線のダメージは、ターンオーバーを大きく乱すため、夏の終わりは通常に比べてかなり角層が厚くなっています。そのため、この時季の肌は硬くてゴワゴワしていると感じるのです。また、真夏の冷房や秋口の急激な湿度低下による肌の乾燥、ストレスなども、ターンオーバーを乱す要因になります。
ターンオーバーのサイクルは、通常約28日間といわれています。つまり今、私たちが目にしている肌表面は、暑さも紫外線もピークの頃に生まれた肌。当然、角質内にはメラニンがたくさん含まれています。いつまでも肌のくすみが消えないという人は、このメラニンを含んだ古い角質が留まっている可能性が大。さらに、肌表面に古い角質が溜まっていると、スキンケアの浸透が悪くなり、余計に肌が乾燥するこという悪循環が発生することもるのです。

9月のスキンケア法

夏肌のダメージは、肌の乾燥やシミ・くすみが気になるようになる前から、少しづつ取りいれたほうがいいそうです。

step1:しっかり洗顔

洗顔ターンオーバーが乱れによる肌は、角質が溜まりやすくなっています。
まずしっかり洗顔で、角質オフしていきましょう。

★水洗顔も有効らしい。

涼しくなったら、水洗顔もいいらしいです。
ぬるま湯でもいいですが、乾燥が気になる方はむしろ水の方が必要な皮脂や保湿成分を残してくれるみたいですよ。

step2:蒸しタオルで、毛穴ケア

蒸しタオル蒸しタオルを顔にのせて暖めることによって、血液・リンパの流れがよくなります。
血行が良くなると、ターンオーバーの正常化を促すそうです。
その後、冷たい化粧水や冷水で流すと、毛穴も引き締まるそうですよ!!

step3:たっぶり水分と栄養補給

化粧水たっぶり水分補給をしていきましょう。しっとりタイプの化粧水などで、潤いと水分を与えてあげることが一番です。

化粧水で水分を与えたら、クリームや乳液で気になる部分を念入りに保湿してあげましょう。

こういう時に役に立つのが、スペシャルケア・美容液ですよね。美容液は、夏場使っていなかった方もいるかもしれませんので、これからしっかり使っていきましょう。

step4:シャンプーは顔を洗うように優しく

バスグッズ髪の毛も肌同様、紫外線によってダメージを受けています。
頭の部分が紫外線に長時間さらされると、髪の毛や頭皮にダメージを与えていることになります。頭皮も荒れ、キューティクルがはがれ、パサつきなどの老化を進めてしまいます。

★肌頭皮と髪に刺激のないシャンプーを選ぶ。

一般的に洗浄力の強いシャンプーは刺激の度合いも強いので、頭皮と髪に優しい低刺激のシャンプーを利用するようにしましょう。

★洗髪前に3分マッサージ

マッサージは頭皮の緊張をほぐし、血流を促進する効果があります。洗髪前の3分マッサージがお薦めです。
①指の腹にやや力を入れて頭皮を圧迫したら、指を離します。これを数回繰り返します。
②指の腹で頭皮を軽くつかんで前後に動かしたり、指先でトントンと軽くたたきます。

★自然乾燥しない

お風呂からあがった髪は自然乾燥させてはいけません。濡れた髪はキューティクルが開きっぱななしの状態で、自然乾燥するとそのままになってしまうからです。これでは紫外線で傷んでしまった髪の毛がより一層傷みます。
まず髪の水分をやさしくポンポンと押さえるように水分を取り除き、地肌も水分をあらかた拭き取ります。その後、ドライヤーで一箇所に集中させずまんべんなく温風を吹き付けて乾かしましょう。

最後に

夏の疲れが残ったままになっていると、これから迎える乾燥の季節に、お肌の調子を崩してしまいます。

お肌の疲れを取り除き、お肌に潤いとやわらかさを取り戻しましょう!!

The following two tabs change content below.
奈良昌美

奈良昌美

セラピスト歴5年目。 以前はエステサロンに勤務していましたが、オールハンドの施術に魅力を感じリラクゼーションの業界に入りました。得意な施術はボディケアと足ツボマッサージです。私自身も痛みに弱い方なので、お客様に気持ち良いと感じて頂けるマッサージを心掛けています。エステサロン勤務の経験も活かして、いろんな面からお客様に提案ができればと思っています。そして、お客様により満足していただけるように、さらなる技術や知識の向上に日々つとめております。お帰りの際のお客様からの「ありがとう!」の笑顔がなによりも嬉しいです。お客様の笑顔をもっと引き出せるように、体だけでなく心からリラックス&リフレッシュできるお店にしていきたいと思っています。奈良プライベート「ブログ」

コメントを書く

*
*
* (公開されません)