丸亀市の骨盤矯正のマッサージ「KITANO丸亀」リラクゼーション、整体姉妹店

【香川県丸亀市】骨盤矯正のできるマッサージ店

美容と健康ブログ

夏に気をつけたいクーラー病!!原因と対策法

冷房病はクーラー病と言われる「エアコンでの冷え過ぎ」から起こる病気。「夏だけの症状だから…」と安易に考えていると慢性化する場合もあります。体調不良にならないためにも対策していきたいですよね?!今回は原因と対策について詳しくご紹介していこうと思います。

クーラー病の症状

肩こり2女性は冷え症の方が多いので、一日中オフィスの冷房の中にいるとクーラー病になる方が多いです。症状は女性特有というより、冷え症の症状と似ています。

頭痛、肩こり、腰痛、腹痛、疲労感、食欲不振、不眠症、むくみ…など

寒さ対策だけをすれば大丈夫だと考える人が多いと思いますが、ひどくなると体に染みついてクーラー、冷房が効いている部屋などに入ると症状が出てしまったりすることも…。そうなると、夏場の職場は当然ですが、買い物に行った際や外食をした際にも頭痛などの症状がでてしまう事があるそうです。

ひどくなると、吐き気がして嘔吐することもあります。実際に、このような症状が出る方も多く、プライベートでも夏場の自宅はエアコンを使えず扇風機や冷風扇を使っている人も多くいます。

クーラー病の原因

人の体温調節機能冷房病というのはクーラーなどで長い間体が冷やされることが原因となって皮膚の下の毛細血管や汗を分泌する汗腺に異常が起き、体の温度が急激に下がって毛細血管の収縮を引き起こした結果、全身的な血行不良を引き起こすと同時に、ついには自律神経が障害され、身体にさまざまな症状を引き起こされるのです。

人間の体温は常に一定に保たれています。たとえ激しい運動をして体内に熱が発生しても、汗をかくことによって、体温を下げることができるのです。汗による気化熱を利用して、体内に溜まる熱を体外に放出するからです。これは、気温が高い日に玄関先などに水を撒くことによって涼しさを感じることと原理は同じです。ところが、1日中冷房の中にいると、あまり汗は出ません。皮膚はベタベタせず、どちらかというとサラサラしています。このように汗をかかない状態のまま、身体の熱が体表から奪われてしまいます。

血液量を調節したり、汗の量を調整する大切な役割を担っているのが身体のあちこちに存在している「自律神経」です。したがって、冷房の中で長時間作業したり、温度差の激しいところへの出入りで急激な体温変化が頻繁になると全身に張り巡らされている「自律神経」が悲鳴を上げてしまいます。人間が急激な温度変化に対応できるのは5℃以内と考えられています。

クーラー病の対策

  • 羽織りものカーディガン

カーディガンやジャケットなどで上半身を温め、脱いで温度調節ができる上着が必須です。

  • マスクマスク

マスクは防寒対策でも使えます。マスクで体温が上がることも証明されているようです。

  • スカーフ・マフラーマフラー イルミネーション

頭痛や肩こりの症状がある方には効果的です。首を温めると脳に流れる血流が温まり結果が拡張され、血流が良くなり頭痛なども軽減されます。

  • 腹巻きもこもこグッズ

冷え症の方は足もとなどの末端を一番気にしますが、身体の中心であるお腹を腰を温めるのは重要です。身体の中心を温まっていないと末端も冷えてしまいます。

  • ひざかけひざかけ

冷え症の方は、一年中利用する方も多いですよね?!もちろんクーラー病でも大活躍です。

  • レッグウォーマーレッグウォーマー

足もとの冷えでは効果的ですよね。オフィスで利用できるかは職場環境によりますが、問題なければ是非使って下さい。

  • 靴下の重ね履き

靴下の重ね履きは足元の冷え対策では効果的です。5本指ソックスの上に普通の靴下を履くと良いそうです。

クーラー病の予防

◆食生活◆

夏場は暑いので、ついつい冷たいものを食べたり飲んだりすることが多くなりがちです。夏バテ気味で食欲がなく朝食を抜く時もあると思います。朝食を抜くと低体温になるので、少しでも食べるようにしましょう。

食べ物に関しては、冷やして食べるものは減らした方が良いですが、食材も気にするだけでも変わってきます。夏野菜をたくさん食べると冷えの改善ができないので、きゅうりやトマトなどおいしい季節ですが、食べすぎには注意しましょう。

飲み物に関しては、オフィスの中では温かい飲み物を飲んでほしいのですが…普段口にしている飲み物も体を冷やすものが結構あります。

  • 身体を冷やす飲み物冷たい水

緑茶・コーヒー・水・牛乳…など

  • 身体を温める飲み物しょうが紅茶

紅茶・ウーロン茶・ココア・しょうが紅茶…など

しょうが紅茶は身体を温める飲み物としては優等生です。市販のチューブ生姜を1本用意しておいて、紅茶に少し入れるだけで十分です。コップの下に残るしょうがの繊維が気になる方は、生姜パウダーを用意しておくと便利です。

◆お風呂とツボ◆
入浴

夏場はシャワーだけの方も多いと思いますが、湯船に入って身体の芯から温めることが予防と改善につながります。設定温度は38~40程度のぬるめが良いそうです。そして、肩までつかるのではなく半身浴が効果的!!20~30分程度入浴するようにしましょう。

その時に、冷え改善ができるツボを刺激すると良いです。

  • 三陰交(さんいんこう)

さんいんこう冷え性、生理痛、生理不順、むくみなど女性によく効くツボ。特に冷え性には重要なツボです。

<ツボの場所> 足の内側にあるツボ。くるぶしの一番上から指4本分上(8~9cm上)、すね骨のすぐ後ろにあります。押すと軽い痛みを感じるところです。

<押し方> 左右の親指を重ね、少し痛いぐらい押す。息を吐きながらゆっくり10秒間押し、息を吸いながら10秒離す。 左右とも数回返します。

  • 八風(はっぷう)

はっぷう

<ツボの場所> 足の甲にあるツボ。足の親指から小指までの、各指の付け根の間のツボです。 足の表と裏の境にあり、左右合わせると八つのツボがあります。

<押し方> 親指と人差指でツボをはさむように、足を上下につまんで強めに押し揉むみ、指先に向かって引っぱり話します。 1箇所についき10回程度行う。 または、足の裏側から各指の間に手の指を奥まで差し込み、そのまま足首をグルグル回すと、すべての『八風』を一度に刺激できます。 両方の足、8箇所揉みほぐした後、まだ温まらない場合は、もう一周続けましょう。

  • 湧泉(ゆうせん)

湧泉ストレスや疲労回復、体力、気力など体の疲れに◎。 お腹が冷える、腰が冷える、むくみ、生理痛、更年期障害など、血の巡りや循環不良に効くツボです。

<ツボの場所> 足裏にあるツボ。土踏まずの少し上の中央、足の指を曲げると、少し凹むところにあります。

<押し方> 両手の親指を重ねて、しっかり強く押すします。息を吐きならがら3秒押し、息を吸って3秒離します。 お風呂上がりなど、足の裏が温まっている時に指圧マッサージするのが効果的です。 また、青竹やゴルフボールを踏むのも簡単でオススメ。

  • 太谿(たいけい)

たいけい体内の水液代謝のバランスを良くするツボで、冷え、コリ、足のむくみに効果あり。 また、顔の黒ずむ人やシミなどにも良いツボのひとつ。

<ツボの場所> 足の内側にあるツボ。 足の内側のくるぶしの頂点から、アキレス腱の方向になぞっていくと、少し凹んだところです。 脈を打っているところなので、少しピクピク動いています。

<押し方> 軽くリズムよく押してマッサージします。 息を吐きならがら3秒押し、息を吸って3秒離します。これを数回繰りかえします。

  • 太衝(たいしょう)

たいしょう血流から冷えを改善し、冷え性(足先の冷え)、 のぼせ、肉体疲労、精神的ストレス、眼精疲労、肝臓の疲れ、耳鳴りなどに効果があります。 また、脚痩せにも効果的と言われています。

<ツボの場所 足の甲部分にあるツボです。 親指の骨に沿ってなぞると、指が止まります。 ちょうど、親指と人差し指の骨が合うところ、押すと少し痛みを感じるツボです。

<押し方> この部分を揉むように親指で、息を吐きならがら3秒押し、息を吸って3秒離します。

 

The following two tabs change content below.
奈良昌美

奈良昌美

セラピスト歴5年目。 以前はエステサロンに勤務していましたが、オールハンドの施術に魅力を感じリラクゼーションの業界に入りました。得意な施術はボディケアと足ツボマッサージです。私自身も痛みに弱い方なので、お客様に気持ち良いと感じて頂けるマッサージを心掛けています。エステサロン勤務の経験も活かして、いろんな面からお客様に提案ができればと思っています。そして、お客様により満足していただけるように、さらなる技術や知識の向上に日々つとめております。お帰りの際のお客様からの「ありがとう!」の笑顔がなによりも嬉しいです。お客様の笑顔をもっと引き出せるように、体だけでなく心からリラックス&リフレッシュできるお店にしていきたいと思っています。奈良プライベート「ブログ」

コメントを書く

*
*
* (公開されません)