丸亀市の骨盤矯正のマッサージ「KITANO丸亀」リラクゼーション、整体姉妹店

【香川県丸亀市】骨盤矯正のできるマッサージ店

美容と健康ブログ

骨盤を整えるだけで、女性にとって嬉しい効果が!!

女性ホルモンは、排卵や生理など子供を産むために必要なものです。他にもバストやヒップ、ウエストのくびれなど女性らしい体を作ったり、肌や髪などに潤いを与えたりなど、女性の美を支えるために重要な役割を持っています解放

出典:http://www.associe-net.co.jp/maca/images/ninshin38.jpg

実は、骨盤にゆがみがあると、女性ホルモンの分泌を低下させる原因にもなるのです。

正常な骨盤は1日の中で自然に開閉を繰り返しています。基本的な動きとしては、朝閉まり、夜に開きます。もう少し長い周期で見ると、排卵日に向けて閉じていき、生理に向けて開いていくという特性があるのです。この開閉作用は、自律神経(交感神経と副交感神経)の働きによるもので、運動時などの興奮状態に働く交感神経には骨盤を閉める作用があり、リラックスしている状態に働く副交感神経には骨盤を開く作用があります。

そしてもうひとつ、ホルモンバランスも骨盤の開閉に大きく関係しています。ホルモンバランスが崩れると骨盤の開閉がスムーズに行なわれなくなるのです。また、ホルモンバランスと自律神経も深い関係があり、お互いに影響しあっています。どちらかが乱れれば、もう一方も乱れてしまうのです。

これらが乱れる原因はストレスなどもありますが、骨盤のゆがみによって開閉がうまくいかずホルモンバランスが乱れるというケースもあります。だから、骨盤を正常な状態にすることは女性にとってとても大切なことだと言えます。

骨盤が歪むとどうなるの?

身体の中心部に位置する骨盤!!骨盤が歪むと身体全体のバランスが崩れてしまい、前後左右対称ではなくなり重心位置が変わります。

さらに、骨盤の歪みが原因で筋肉の緊張がうまれ、縮まった大きな筋肉が骨格の可動制限をおこします。「足があげにくい」「腕が上がりにくい」といった症状もおこってきます。

そして、骨盤が開閉しにくい事で、骨盤が広がり代謝が下がり、特に臀部から足にかけての脂肪がつきやすく。「下半身太り」の原因になります。

また、骨盤が開くことで胃が下がりやすくなり、下腹部を圧迫することから鼠径部の静脈を圧迫。心臓に充分に血液が戻らなかったり心臓からでた血液が末端までしっかりと届けられないため、冷えや足のむくみの原因にもなってしまいます。

骨盤を整えるストレッチ

①立ったまま骨盤体操骨盤回し

骨盤を左右に回します。

右回し10回、左回し10回ずつで1セットを目安に。

出典:https://www.cosme.net/clipkit_uploads/item_images/images/000/017/214/medium/99ad5866-e600-4e64-8702-8aff0adb230a.jpg?1432017334

②座ったまま骨盤体操(前後)ドルフィンストレッチ

骨盤を前後に傾けて、背骨を波打たせるようにゆっくりと動かす。体の前側に胸で円を描くイメージで、ゆったりと回してみましょう。

出典:http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20140527/181822/is_w800_h700_ph2.jpg

③座ったまま骨盤体操(左右)座って骨盤ストレッチ

背すじを伸ばした状態で、椅子に座ります。上体を段ボール箱に見立て、平行四辺形に斜めに変形させるつもりで、腰から上を水平に動かす。左右に動かすうちに骨盤の周辺がほぐれ、腸も刺激されて動き出します。

出典:http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20120516/125043/01.jpg

④お尻歩きお尻歩き2

(1)床に両足を前に伸ばして座り、両腕は「小さく前へ習え」のように脇に付けます。

(2)そのままの姿勢でお尻を左右交互に後ろに引き、あとずさっていきます。

(3)1回、30秒程度は続けます。

出典:http://beauty-matome.net/wp-content/uploads/2013/10/101604-320×213.jpg

⑤寝る姿勢でスッキリ寝て骨盤ストレッチ

(1)両脚を骨盤幅程度に開き、両膝を曲げて仰向けになる。左脚だけ軽く天井へ持ち上げる。
この時膝は曲がったままでOK。

(2)息を吸って左脚を内側から半周回し、息を吐きながら外側から半周し元の位置へ戻る。ゆっくりと呼吸を繰り返し、左脚を内側から10周回し、次に外側から10周回す。

出典:http://img.allabout.co.jp/gm/article/b/391687/2horumon_02.jpg

(3)左脚を終えたら左右の足を入れ替え、右脚も同様に内外10周ずつ行う。

最後に

骨盤体操を行いながら、アロマポットを使って芳香浴をするとホルモンバランスに有効です。

 月経前…ゼラニウム(体の緊張をゆるめる、イライラを抑える働きがある)

月経時…イランイラン(気持ちを穏やかにして、月経中のイライラを緩和する)
月経後…サイプレス(ホルモンバランス調整する、デトックス作用がある)

夜ベッドに入る前にさ湯を飲んだり、体を温めるスパイスがたっぷり入ったチャイを飲んだりして体を内側から温めるのも効果的でしょう。

痛みを感じるなど不調がある場合は、ムリに運動せずに整体などを利用した方が良いと思います。まずは自分の体のゆがみを取り、正常な女性ホルモンの分泌を目指しましょう。

The following two tabs change content below.
奈良昌美

奈良昌美

セラピスト歴5年目。 以前はエステサロンに勤務していましたが、オールハンドの施術に魅力を感じリラクゼーションの業界に入りました。得意な施術はボディケアと足ツボマッサージです。私自身も痛みに弱い方なので、お客様に気持ち良いと感じて頂けるマッサージを心掛けています。エステサロン勤務の経験も活かして、いろんな面からお客様に提案ができればと思っています。そして、お客様により満足していただけるように、さらなる技術や知識の向上に日々つとめております。お帰りの際のお客様からの「ありがとう!」の笑顔がなによりも嬉しいです。お客様の笑顔をもっと引き出せるように、体だけでなく心からリラックス&リフレッシュできるお店にしていきたいと思っています。奈良プライベート「ブログ」

コメントを書く

*
*
* (公開されません)