丸亀市の骨盤矯正のマッサージ「KITANO丸亀」リラクゼーション、整体姉妹店

【香川県丸亀市】骨盤矯正のできるマッサージ店

美容と健康ブログ

季節ごとに違う紫外線対策!!夏場対策編

海(親子)夏場のスポーツやレジャーは楽しみたいけれど、日焼けやその後の肌のダメージが気になってしまう・・・そんなお悩みの方も多いですよね?!

夏の紫外線量は冬の2倍と言われます。また、日照時間の長さから冬には「ちょっとだから」と油断していたことでも、確実にダメージになります。

正しいケアの仕方を知って事前に準備しておくことで日焼けや紫外線対策ができます。夏をおもいきり楽しむために正しい知識をつけておきましょう!!

紫外線の基礎知識

太陽の光には、目に見える光(可視光線)と、目に見えない赤外線、紫外線とがあります。紫外線は、その中で最も波長の短い光で、波長によってUVA、UVB、UVCにわかれますが、実際に地表に届くのは、そのうちUVAとUVBです。

・UVAの肌への影響紫外線

UVAは肌に急激な障害を与える作用は弱いのですが、太陽から届く紫外線の約9割を占め、肌に蓄積的なダメージを与えます。肌の奥の真皮にまで侵入し、肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こす原因になるのです。また、すでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせる作用もあります。

 

 

出典:https://www.kose.co.jp/jp/ja/kirei/uv-care/step1/images/image_02.png

・UVBの肌への影響

UVBは太陽から届く紫外線の約1割と量は少ないのですが、肌への作用が強いため、短時間でも肌が赤くなるサンバーン(日やけによる炎症反応)や、数日後に肌が黒くなるサンタン(色素沈着反応)を引き起こす作用があります。波長が短いUVBは、炎症やしみの原因となるだけでなく、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど、生体への影響が強いのです。

・紫外線による色素沈着

紫外線の刺激により、メラノサイト(メラニン色素産生細胞)へ指令が届き、メラニン色素が生成されます。メラニン色素はメラノサイトから表皮の細胞に受け渡されてまわりの皮膚へと広がり、紫外線を吸収して肌を守ります。しかし、強い紫外線を浴びるとメラニン色素が過剰に生成され、しみやソバカスの原因となります。

紫外線による老化

紫外線を長年にわたって浴びることで、しみやシワ、弾力の低下といった肌の老化を促進し、さらには皮膚がんを誘発する原因になることがあります。加齢にともなう老化と比べ、UVAがもたらす光老化は、硬くゴワゴワした肌に深いシワが刻まれるのが特徴です。ヒマラヤやネパールなどの高地に住む人たちは紫外線の影響を受けやすく、20代からこの症状があらわれることもあります。

また、年齢を重ねた肌ほど抵抗力が弱くなるため、UVAによって肌細胞の老化が起きやすくなることも研究によって明らかになっています。つまり、加齢とともに、より紫外線への注意が必要になってくるのです。

色白の人と色黒の人の日焼け事情の違い

日本人の肌の色を左右するのはOCA2という遺伝子で、全体の20%がそのタイプの遺伝子を持つと言われています。その遺伝子によって決まられるのがメラニンの量です。メラニンとは皮膚の中にある色素のことで、この量によって肌の色が区別されます。

  • メラニンの量が多い人→色黒
  • メラニンが少ない人→色白

色白の人が日焼け後すぐ赤くなる理由

色白の人が焼いた後に、普通の人よりも赤くなるのはサンバーンが起こりやすいからです。

日焼けで皮膚や身体に害を与えるのはサンバーンです。この時、皮膚は荒らされ体の線維の配列が乱されるので、このサンバーンを元に戻すために身体中からタンパク質を集めます。サンタンが起こる場合は身体のメラニンが紫外線を吸収してくれるので、皮膚の色が黒くなることで皮膚の奥深くにダメージが残りません。しかし、サンバーンの場合、メラニンが紫外線を吸収してくれないので、皮膚にダメージが残り、このダメージが後のしわやシミに繫がってしまいます。

色白の人は20代からしわやシミが気になり始める人がいますが、色黒の人は40代でもしわやシミがなく肌がキレイな人が多いのはこのためです。

日焼け止めの正しい知識

用途別、日焼け止めの選び方

ちょっとそこまでにも、ビーチにも、同じ日焼け止めを使っていませんか? クリーム・乳液・スプレー・ジェル・シート、コスメに含まれるものも合わせたら、数え切れないタイプの日焼け止めがあります。それぞれの利点を知って、シーンごとに使い分けるようにしましょう。

◆クリームタイプ◆日焼け止めクリーム

肌に優しい商品が多く敏感肌や乾燥肌の人にオススメです。

 

 

出典:http://happy-trendy.com/wp-content/uploads/2015/04/organic_uv.jpg

◆ミルク・ジェルタイプ◆UVジェル

白浮きしにくいため人気の日焼け止めです。白浮きしにくい反面、落ちやすくので何度か付け直ししなくてはならない場合が多いです。

 

 

出典:http://www.chomotto.com/mobox/4901008613611.jpg

◆スプレータイプ◆UVスプレー

手軽にどこでもササッと使えるのでカバンに入れておけば長時間の屋外活動でも安心して使うことが出来るタイプの日焼け止めです。

 

 

出典:http://dlove.jp/mezzomiki/wp-content/uploads/sites/2/2015/03/2015-03-31-16.39.00-2.jpg

顔は同じ皮膚でも体より敏感ですので、刺激の少ないものを使ってあげた方がよいでしょう。ボディ用は汗くずれの心配もあり、広範囲になるので、のびともちがよいものを選ぶようにしましょう。
SPF値の高いもの(40以上のもの)には紫外線吸収剤が含まれていることが多いようです。紫外線吸収剤にも様々な種類がありますが、一般的に液状です。また、SPF35以下のものには紫外線散乱剤が使われており、主に粉体(パウダー)で、肌の表面で受けた紫外線を乱反射させて散乱させます。こちらは「ノンケミカル」と表示されます。
どんなに効果が高いものでも、塗りなおしが必要です。SPF1=20分の紫外線ケアですので、例えばSPF30であれば600分になり、10時間の効果があると考えます。しかし、汗で流れてしまうとその効果は薄れるので、一日の中で1番紫外線の強い10:00~14:00は塗り直しなど細かなケアが肝要です。

日焼け止めの正しい塗り方

STEP1:日焼け止めを塗る前に、化粧水と美容液で肌を整える化粧水

日焼け止めは落ちてしまうと効果がありません。そのため、日焼け止めを塗る前に、しっかりと肌の手入れを行うことが大切です。

STEP2:日焼け止めは少しの量を二度塗り

1円玉程の量を手に取り、顔全体に薄くまんべんなく塗ります。また同じ量を取って二度塗りしましょう。(2度塗りすることで、ムラや塗り過ぎになるのを防ぎます)

STEP3:日焼け止め→化粧下地→ファンデーションで効果UP化粧

日焼け止めの上に化粧下地・ファンデーションを重ねると、より効果的に紫外線を防げます。化粧下地と日焼け止めのどちらを先に塗るのかわからない…と言う人が多いですが、ファンデーションのつきをよくするためにも、日焼け止め→化粧下地→ファンデーションの順で塗ると良いでしょう。(化粧下地として使用できる日焼け止めの場合には、化粧下地は必要ありません)

出典:http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/image.topicks.jp/item/image/normal/855630.jpg?time=

STEP4:こまめに塗り直しをする

どんなに完璧に塗っても汗とともに日焼け止めも落ちてしまいます。効果を持続させるためには、2~3時間に一度は塗りなおした方が良いそうです。

STEP5:身体にはストロー塗りが効果的ストロー塗り

日焼け止めを容器から直接、肌の上にストロー幅ほどの線状にとります。普段使う量よりも多いと感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、塗りムラを防ぎ、正しい効果を発揮するにはこれが適量です。手のひら全体でやさしく包みこむように、大きな楕円を描きながらゆっくりと広げて下さい。

出典:http://www.beauty-co.jp/feature/assets_c/2014/04/PRESS_3_2-thumb-550xauto-2550.gif

頼りになる紫外線対策グッズ

◆日傘◆日傘

日傘も正しく使わなければ効果が半減します。例えば直射日光を遮るだけなら日傘を頭の上の方に持っても良いですが、紫外線はアスファルトなどの地表や壁などに反射し、横から反射した紫外線を浴びることになるので、柄の部分をできるだけ短く持ち、傘と顔の間にすき間ができないようにすることが紫外線対策としては重要になります。

また日傘を持つ腕、手の甲は反射した紫外線を浴びていることが多いので、日焼け止めを塗ったり、長袖(アームカバー)を着たりすることも忘れないようにしましょう。

◆帽子◆

帽子UVカット効果の示があるものをオススメしますが、色で言うと黒が最も効果的です。青や赤の次に黄色、最後に白です。なので、真っ白を選ぶより色が濃いものの方が効果的と言えます。

UVカット帽子のつばは、長さ7cm以上あれば紫外線を60%カットしてくれる効果が期待できます。それより短いとカット率は下がります。

紫外線対策を考えた場合、間違っても白っぽく目の粗いストローハットのつば短めを選ばないように!涼しげには見えるのですが、用途別に使い分けましょう。

◆サングラス◆サングラス

濃いめのサングラスをかけると、瞳(瞳孔)はもっと光を入れようとして、大きく開きます。このとき紫外線対策ができていないサングラスでは、光量は落したものの紫外線に関しては落していないため、広く開いた瞳から、無防備にも有害な紫外線が角膜、水晶体へ直行状態になってしまい、逆効果を及ぼすことがあります。

UV400などのシールがあるものなら安心でしょう。

日焼けした後の対処法

日焼け止めクリームでしっかり対策をしたものの予想以上に日焼けしてしまったという場合の対処方法についてご紹介します。日焼けしたあとは帰宅したらすぐに対処することで症状を緩和することが出来るので参考にしてみてくださいね。

まずは冷やすシャワー

日焼けの症状はヤケドと同じですので日焼けしてしまった場合は帰宅後にすぐ冷やしてあげることで翌日以降の症状の緩和になります。屋外でのレジャーやスポーツで疲れて帰ってくるとしっかりしたケアを怠ってしまいがちですがまずは日焼けした箇所を冷やしてあげましょう。

冷やすときはお風呂で冷たいシャワーを使って冷やしてあげましょう。日焼けしたときは肌が熱を持っていますので、いつものように熱いお湯に浸かるのはできるだけ避けましょう。シャワーで汗を流したあとに冷たいシャワーで冷やしてあげましょう。

シャワーで冷やしたあとはガーゼやタオルに包んだ保冷剤を使って熱を取るのも効果的です。

冷やした後は保湿が大事cream

日焼けした箇所をしっかり冷やしたあとは保湿してあげることも日焼け対策としては有効な手段の一つです。日焼けしたあとの肌は水分が不足している状態なので化粧水で水分を補給したあとに美容液などで保湿することで日焼けした肌に潤いを与えることが出来ます。

化粧水は普段顔に使っているものとは違い、安く購入出来る化粧水をたっぷり使うことをオススメします。化粧水を使ったあとは保湿効果のある美容液やクリームで水分を閉じ込めましょう。

体の中から紫外線対策

日焼け対策や紫外線対策には体の外からだけじゃなく、栄養豊富な食べ物で体の中から対策することも必要です。紫外線対策や日焼けしたあとの肌の回復を高めてくれる食べ物を食事に取り入れましょう。

日焼け対策・紫外線対策には抗酸化作用がある食べ物やビタミンが豊富な食べ物がオススメです。抗酸化作用とは体内でできる活性酸素を抑制する効果があります。体にとって有害物質である紫外線を浴び続けることで活性酸素が活発に作り出されてるため、体が錆びついてきます。体のサビつきは老化の原因なので肌のシワやたるみ、シミなどの原因となってしまうのです。抗酸化作用がある食べ物を食事に取り入れることで活性酸素を抑制し、肌の老化予防に繋がります。

◆鮭◆鮭

鮭にはアスタキサンチンという強い抗酸化作用がある成分が豊富に含まれているため日焼け対策・紫外線対策に効果的な食べ物です。

◆ナッツ類◆マカダミアナッツ

ナッツ類はビタミンEが豊富に含まれている食品です。ビタミンEにも抗酸化作用があるため日焼け対策に効果的な食べ物です。

◆オリーブオイル◆オリーブオイル

オリーブオイルにもナッツ同様ビタミンEが豊富な油です。またオリーブオイルは不飽和脂肪酸が豊富な良質な油なので生活習慣病予防にも効果的です。また、オリーブオイルに含まれるオレイン酸は皮脂に含まれている成分なので乾燥肌の人にも効果的です。調理するときはオリーブオイルを活用してみましょう。

◆アセロラジュース◆アセロラ

レモンの約17倍のビタミンCを含むアセロラ。ビタミンCだけでなく、「アントシアニン」というポリフェノールも含み、ダブルで活性酸素を体内から除去してお肌を守る美肌フルーツです。ビタミンCもポリフェノールも体内に蓄積されないので、こまめに補給しましょう。

◆バナナ◆バナナ

抗酸化力が一番強い食品は実はバナナなのです。しかも、熟したバナナは抗酸化成分が最強に豊富に含まれており、美容ビタミンと呼ばれているビタミンB6とB2は果物の中で一番含まれており、値段も安く入手しやすいと嬉しいことばかり!!

シミ・シワ対策+美肌を手に入れたいのなら、迷わず1日2~3本は食べておきたい果物です。

◆ダークチョコレート◆チョコレート

フラボノイドは含まれており、紫外線対策に効果があるほか、皮膚を水和し酸素飽和度を増加させて血流を良くする美容・健康効果もあり、ビーチのお供にもぴったり!!ただし、熱に弱く溶けてしまうので注意が必要です。

◆トマト◆tomato

トマトに含まれるリコピンは、抗酸化作用だけでなく、紫外線によって発生するシミや肌荒れに効果があることが分かっています。また、カゴメ株式会社の研究によれば、リコピンは皮膚に蓄積され、その効果を発揮するそうです。まさに「食べる日焼け止め」!!トマトジュースやトマトの水煮缶にオリーブオイルを加えて食べると最強ですね。

 

The following two tabs change content below.
奈良昌美

奈良昌美

セラピスト歴5年目。 以前はエステサロンに勤務していましたが、オールハンドの施術に魅力を感じリラクゼーションの業界に入りました。得意な施術はボディケアと足ツボマッサージです。私自身も痛みに弱い方なので、お客様に気持ち良いと感じて頂けるマッサージを心掛けています。エステサロン勤務の経験も活かして、いろんな面からお客様に提案ができればと思っています。そして、お客様により満足していただけるように、さらなる技術や知識の向上に日々つとめております。お帰りの際のお客様からの「ありがとう!」の笑顔がなによりも嬉しいです。お客様の笑顔をもっと引き出せるように、体だけでなく心からリラックス&リフレッシュできるお店にしていきたいと思っています。奈良プライベート「ブログ」

コメントを書く

*
*
* (公開されません)