丸亀市の骨盤矯正のマッサージ「KITANO丸亀」リラクゼーション、整体姉妹店

【香川県丸亀市】骨盤矯正のできるマッサージ店

美容と健康ブログ

気になる足の臭い!!むくみ改善で悪臭も解消

足の臭いに悩んでいるという人の中で、足がむくんでいる時ほど臭いがキツくなってしまうという経験があるという人もいるのではないでしょうか?むくみの原因は複雑で一つではないので、一概には言えませんが、もしかするとむくみと足の臭いがリンクしていて、むくみを解消することが足の臭いを解消することにも繋がるかもしれません。

夏にはなぜむくむの?

むくみは血流が悪くなる冬に起こるイメージですが、実は夏こそむくみやすいシーズンなんです。

そもそもむくみとは重力で足にたまった血液が細胞内まで染み込んでしまっている状態のこと。特にホルモンや筋力の関係から女性に見られやすい症状です。

夏のむくみの原因は、主に以下の3つです。

1.老廃物の滞り

まず、むくみの原因の一つとして、老廃物が滞ってしまうことが考えられます。リンパの流れが悪くなると、水分や老廃物が足元にたまりやすくなり、むくみが生じてしまうと同時に、老廃物によって、足などの体臭が気になってしまうことが考えらます。

2.血行不良

むくみの主な原因の一つは血行不良です。血液の循環が悪くなると、毛細血管まで血液がスムーズに流れず、皮膚の下に水分がたまりやすくなり、むくんでしまいます。

また、血行が悪くなると、乳酸が蓄積されやすくなることも体臭としてはよくありません。乳酸がたまると、それに伴い、アンモニアを分泌するので、汗がアンモニア臭くなってしまうのです。

夏は台風も多く気圧の低いシーズンです。気圧が低いことで血管が広がりやすく、血流が鈍くなることにより、水分も溜まりやすいのだそうです。

3.腎臓の不調

老廃物や血行不良がむくみの主な原因ですが、腎機能の低下が原因となっている可能性もゼロではありません。腎臓が弱ってしまうと、水分の排泄ができなくなりむくんでしまいます。

また、腎機能の低下は体臭と関係していることも知られているので、あまりにもむくみの状態が悪かったり、続いている場合は専門医に相談するようにしましょう。

 

むくみで足から悪臭が・・・

むくみで生まれる臭いは、雑菌によって起こる足の臭いとは違い、疲労集と呼ばれアンモニアが混ざっているのだそうです。

血流の鈍ったむくみの状態では、疲労物質を分解する肝臓でうまく分解できず体内にたまり、重力で足に蓄積して足が悪臭になると考えられています。

さらに通常の雑菌の足の臭いと疲労臭のアンモニアが混ざると、より強い悪臭となってしまいます。

恐ろしいことに、疲労臭は足の中から臭うので、洗っても消すことが出来ません。

むくみの放置は夏太りの原因に・・・

二重あご、二の腕のたるみ、ぽっこりお腹も、全てむくみが原因である可能性があるそうです。

この3ヶ所は、足と同じように重力で水分がたまりやすい場所でもあるのです。特に冷え症の人は足以外もむくみやすくなります。

また、人の体は60%水分なので、むくみを解消すれば2~3キロ体重が減る人もいるそうです!

二の腕をさわって冷たいと感じる人は、足以外もむくみやすい可能性があります。冷え性で血流が滞って夏太りしている危険があるので要注意です。

むくみを改善する方法

◆食事編◆

1.カリウムを摂る

全身のむくみ予防に効果が期待できる重要な成分があります。それが、カリウムです。

カリウムが体内の水分調整を行なう特に重要な成分で、利尿作用もあるのでむくみの予防には欠かせません。

暑い夏には、水溶性であるカリウムは汗と一緒に排出されやすんです。なので、夏にはカリウムをしっかりと摂ることが大事です。

例えばカリウムが多くふくまれる食材はこんなものです。

カリウムの豊富な食材で100gあたりの含有量は

  • スイカ  120mg
  • きゅうり 200mg
  • にんじん 270mg

夏に食べるスイカとかきゅうりにカリウムが含まれていますね。

2.あずき茶

あずきにはむくみ予防に有効とされるカリウムが豊富で、利尿作用が期待できるサポニンを含むのでむくみ予防にはすごくいいんです。あずきには1500mgのカリウムが含まれています。

<あずき茶の作り方>

① 水洗いしたあずき(50g)をアルミホイルに重ならない様に並べます

② 並べたあずきをトースターで5分間加熱します

③ 加熱したあずきを水と一緒に皿に入れます。量はあずき50gに対して水400mlです。

④ ラップをしてレンジ(500W)で10分間温めるだけ。※やかんや鍋で煮出しても可能

ただし、腎臓疾患などの方はあずき茶を飲むのは、医師に相談して下さい。また、カリウムのとりすぎも良くないので、飲み過ぎにも注意してくださいね。カリウムを取り過ぎたら体に悪影響になります。大切なのはバランスです。

◆運動編◆

むくみの改善に重要なのは静脈です。人体の水分回収の9割を静脈が担っています。だから、静脈の血流をアップさせる事がむくみの解消に重要です。

1.第二の心臓であるふくらはぎを動かして血流アップ

イスに座ったままかかとを上げ下げするだけです。 20回繰り返します。

2.大腿四頭筋を動かして静脈の流れを改善

大腿四頭筋は足の中でも大きな筋肉でふとももの前側にある筋肉です。

イスに座ったまま、ヒザを真っ直ぐに伸ばすだけ。これを、左右を交互に蹴り出していきます。左右合わせて20回ぐらいすると良いでしょう。

3.深呼吸

深呼吸をする時に横隔膜が動きます。その動きで血液を心臓に戻していきます。

お腹をふくらませることを意識しながら深呼吸をゆっくりするだけでOKです。

この3つの運動を空き時間をみつけてしたり、テレビを見ながらしたり、仕事でデスクに座っている時にもすることができます。スキマ時間を見つけて運動を継続すると効果的です。

最後に

むくみは見た目にも、健康にもあまりいいことはないので、解消したいですね!まめにむくみの運動をやってみることをおすすめします。

それと、夏場にやりがちな冷たい水を一気に飲むこともやめましょう。冷たい水を一気に飲むと内臓が冷えむくみの原因になることも考えられます。こまめに水分を摂ることがむくみには予防効果的です。

自分で運動や食事を気を付けるのが面倒な方はプロの施術で改善するのもおすすめです。7月末までKITANO丸亀では1周年記念特別キャンペーンとして「むくみ撃退コース」が大変お得に受けられるようになっています。詳しい内容はお知らせの「1周年記念キャンペーン★ 梅雨から夏にかけてのむくみ撃退コース」をご覧ください!!受けた方からは「むくみにくい体になった気がする」「足が軽くなった」「ぐっすり眠れるようになった」「便秘が改善した」などのうれしい声も上がってきています★ぜひ試してみてくださいね!!

The following two tabs change content below.
奈良昌美

奈良昌美

セラピスト歴5年目。 以前はエステサロンに勤務していましたが、オールハンドの施術に魅力を感じリラクゼーションの業界に入りました。得意な施術はボディケアと足ツボマッサージです。私自身も痛みに弱い方なので、お客様に気持ち良いと感じて頂けるマッサージを心掛けています。エステサロン勤務の経験も活かして、いろんな面からお客様に提案ができればと思っています。そして、お客様により満足していただけるように、さらなる技術や知識の向上に日々つとめております。お帰りの際のお客様からの「ありがとう!」の笑顔がなによりも嬉しいです。お客様の笑顔をもっと引き出せるように、体だけでなく心からリラックス&リフレッシュできるお店にしていきたいと思っています。奈良プライベート「ブログ」

コメントを書く

*
*
* (公開されません)